歯並び矯正ナビ

矯正の基礎知識

歯列矯正の種類

歯列矯正と一口にいっても使う装置や材料、取り付け方などいろいろな矯正方法があります。
ここでは代表的な矯正方法について、特徴を簡単に説明します。

金属ブラケット
歯の表側に金属のブラケットとワイヤーを装着するワイヤー矯正の一種です。
昔からある矯正法で、矯正といえばこれを連想する人がほとんどではないでしょうか。
幅広い症状に対応することができ、他の矯正法に比べて安価です。

審美ブラケット
透明や白いブラケットを装着するワイヤー矯正の一種。
金属ブラケットの”目立つ”というデメリットを解消した目立ちにくい矯正です。
ワイヤーも白いものを使うことがあります。

セルフライゲーションブラケット
従来のワイヤーの矯正よりもブラケットとワイヤーの摩擦力を減らした装置。
摩擦が少ないため痛みは比較的少なめで、スピーディーに歯を動かすことができる矯正法です。

舌側矯正
歯の裏(舌側)にブラケットを装着する矯正で、リンガルブラケット矯正ともいわれています。
装置は表からほとんど見えないので、周りの人に矯正をしていると気づかれにくいのが、この矯正の最大の特徴です。
装置の複雑さからか、できる医師が限られているのと治療費が高額になりやすい点がマイナスです。

マウスピース矯正
透明で薄いマウスピースを装着し、歯を動かしていく矯正。
近くで見ないとわからないくらい自然なことと、装置は自由に取り外せることから人気の矯正法の一つです。
ただし、大きく歯を動かすことは難しいため、ワイヤー矯正に比べ対応症例が限られています。

関連ページ



↑UP