歯並び矯正ナビ

矯正の基礎知識

矯正の治療期間

矯正の治療期間は大きく分けて二段階になります。
矯正装置をつけて歯を動かす期間と、装置をはずした後に後戻りを防ぐ為の保定装置(リテーナー)を付ける期間です。

矯正期間は1年半から2年半くらい、保定装置を付ける期間が1年から2年くらい(※)かかります。

※その方のかみ合わせや歯並び、治療方法によって、治療期間は異なります。

保定装置をつける理由

矯正によって歯が動いても、矯正装置を外す頃は歯の周囲の骨はまだ安定していません。
そのため、装置を外すと歯が元の位置に戻ろうとしてしまいます。(これを後戻りといいます。)
その後戻りを防ぐ為に、歯の周囲の骨がしっかり固まるまで保定装置を付け、歯が動かないようにしておく必要があります。

保定装置の種類は、取り外しのできない固定式のものから、取り外しのできるワイヤー状のもの、透明のマウスピースタイプのものなど様々です。
矯正終了後につける保定装置も気になるようでしたら、矯正を始る前に担当医にどのような保定装置を使う予定(※)なのかも聞いてみるといいでしょう。

※症状などにより保定装置を自由に選択できない場合もあります。

関連ページ



↑UP