歯並び矯正ナビ

不正咬合の悪影響

虫歯や歯周病のリスク増

斜めに生えた歯や重なり合った歯などがあると、磨きづらいところが出たり、どうしても磨けないところができたりします。
磨き残したプラーク(歯垢)には虫歯や歯周病の原因菌がいます。
長く口の中にとどめていると、それだけ発症する可能性が高くなります。

また、かみ合わせが悪いと噛む回数が減って唾液の分泌量が少なくなったり、口呼吸になり口の中が乾燥してしまいがちです。
唾液は食べ物の消化の手助けだけでなく、虫歯菌や歯周病菌の繁殖を防いでくれる役割があります。

こういった点からも、不正咬合の方は歯並びのいい人に比べ、虫歯や歯周病になるリスクが高くなってしまいます。

関連ページ



↑UP