歯並び矯正ナビ

不正咬合の悪影響

発音がしづらくなる

歯並びが悪いと滑舌が悪くなることがあります。

歯と歯の間に隙間がある”すきっ歯”や、上下の歯がうまくかみ合っていないと、話すときに隙間から空気が抜けやすくなってしまいます。

そうなると、舌っ足らずな話し方になってしまったり、空気を抜いて発声する音(サ行が代表的)の発音が悪くなります。
また、日本語よりも発声の複雑な外国語の発音がうまくできなかったりもします。

関連ページ



↑UP