歯並び矯正ナビ

矯正・歯並びの疑問

どうして抜歯するの?

『健康な歯を抜きたくない』というのは、誰でも思うことですよね。
歯医者さんだって同じように考えています。
しかし、抜歯をしないと歯がきれいに並ばないというケースも中にはあります。

歯をきれいに並べるには、その歯が収まるスペースがないといけません。
歯の大きさに対してあごが小さく歯が収まるスペースがないという方は、そのスペースを作るために歯を抜くという選択肢がでてきます。

歯が入るスペースを作るためには、

  1. あごを大きくする
  2. 歯を抜く

のどちらかの方法がとられることがほとんどです。

『あごを大きくできるなら、それがいいのでは』と思うかもしれませんが、それは子供の矯正に行われることがほとんどです。
そもそも子供の矯正というのは、あごの成長がまだ途中の状態で始める矯正のことをいいます。(一般的には18歳未満)
将来的なあごの成長を考えながら歯を動かしたり、あごの成長に合わせて広げていく床矯正(しょうきょうせい)ができるからこそ、歯を抜かなくてもきれいに歯が並ぶケースが多いのです。

しかし、あごの成長が止まった18歳以上の場合、床矯正であごを大きくするといっても限界があったり、親知らずがまっすぐに生えていなかったり、歯を抜くしかスペースを作る方法がないといったケースで、抜歯という判断となります。(もちろん、大人の方でも床矯正が可能なケースもあります。)

それぞれ理由があって抜歯という選択をしているのですから、何故抜く必要があるのか、どうしてその歯なのかなど、不安に思ったことは何でも質問してみましょう。
また、別の歯科医院へ行って相談してみるのもいいかもしれません。
長い時間と高額な治療費をかけて歯列矯正をするのですから、納得できるまで聞いてみてくださいね。

関連ページ



↑UP