歯並び矯正ナビ

矯正・歯並びの疑問

小児矯正と成人矯正の違い

小児矯正と成人矯正の区別の基準は、”あごの骨が成長し終えているかどうか”です。
あごの骨が成長している18歳未満の矯正は「小児矯正」となり、あごの成長が終わっている方の矯正は「成人矯正」となります。

小児矯正の場合は単に歯を動かすだけでなく、あご骨がどのように成長するのかなども考え治療を行うため、治療期間が大人よりも長くなりがちです。
しかし、あご骨の成長方向をコントロールしたり、バランスよく歯が並べるためにあご骨が広がるように成長を促すことが可能です。
成人矯正では抜歯するような症例でも抜歯することなく治療ができたり、難易度が下がるので費用が成人矯正よりも安くなるなどのメリットがあります。

成人矯正では、あご骨の成長はもう終わってしまってるので、あご骨の状態に合わせて歯を動かしていくしかありません。
動いた歯が入るスペースがない場合は抜歯や外科手術を行わないと矯正できないケースもあります。
しかし、あご骨の成長がない分、治療結果の予測がしやすいというメリットもあります。
矯正の治療技術は日々進歩しており、以前よりも治療期間は短くなっています。

矯正を始めるのに遅い・早いはありません。
気になったときは気軽に歯科医に相談してみてはどうでしょうか。

関連ページ



↑UP