歯並び矯正ナビ

矯正のメリット

虫歯・歯周病のリスク軽減

磨き残しが減る

斜めに生えた歯や傾いた歯、重なり合った歯などがあると歯磨きなどがし辛くなり、磨き残しができやすくなります。

磨き残したプラーク(歯垢)は、虫歯や歯周病の原因となる物質です。

歯列矯正によって歯並びが真っ直ぐきれいになると歯磨きがしやすくなり、磨き残しが減ります。

矯正により、歯への関心が高まる

矯正をすることで歯に対しての意識が大きく変わります。

矯正中は装置にプラークがたまりやすいこともあり、普段以上に歯磨きに気を使うようになります。
その習慣やきれいに並んだ歯を維持したいという意識がから、矯正をした人はより歯のことを意識するようになります。

鼻呼吸が身につく

不正咬合の強い人は口が閉じづらく、口呼吸になりがちです。
口呼吸だと口の中が乾燥しやすく、虫歯菌や歯周病菌の活動を弱める「唾液」の分泌が減ってしまいます。

矯正をすると口が閉じやすくなり、鼻呼吸が身につきます。
そうなると唾液の分泌量も増え、お口の中が虫歯や歯周病に強い状態になります。

これらのことから、歯列矯正は将来的に歯を長く持たせることにつながる治療といえます。

関連ページ



↑UP